スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしようもない恋の唄

本日お会いしたお客様は福岡から出張で来られた方だったのですが、福岡といえば明太子、長浜ラーメン、大宰府天満宮などが有名ですね。

他に何があっただろうかと思い出してみたら、最近私が好きで聴いていたこの曲が福岡のバンドの曲でした。

ザ・ルースターズ『どうしようもない恋の唄』


恋人に逃げられた男のやるせなく切ない心情を歌った、身も蓋もない情けないラブソングなのですが、どうしようもなく胸を鷲掴みにされてしまいます。
大声でがなっているような、やけっぱちで、でもどこか繊細さが滲み出ているボーカル・大江慎也氏の声と歌い方がたまらなく好きです。


『恋をしようよ』


こちらの曲もタイトルに『恋』が入っていますが、歌詞がさらに身も蓋もなくてドンッ
最低だけど最高にカッコ良いのです。


でも、こんな歌詞のようなお客様がお店に来られたら困ってしまうでしょうねショック!
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。